ペルセウス座流星群について

みなさんこんにちは。

本日はペルセウス座流星群をご紹介させて頂きます。

 

f:id:shibasakikaikei:20130812102839j:plain

ニュースなどでご存知の方も居らっしゃるかと思いますが、今年(2013年)はペルセウス座流星群がとても見やすい年です。

 

なんでも、月が沈む時間帯と流星群が活発になる時間が重なっているため、例年よりも観測に恵まれているそうです。

時間帯はいろいろ言われておりますが、12日の夜22時以降から13日の夜明けぐらいで、一番は午前3時ぐらいとのことです。

 

今年と同じ条件が揃うのは、2021年らしいのでこの機会に見ておくことをお勧めします。

 

ちなみに、天体望遠鏡などの道具がなくても肉眼で星を見ることができます。ただ、空を見上げ続けることになりますので出来ましたら、寝転がって見られるようにシートや椅子など何かあればより快適に見ることができます。

 

なお、見やすい条件が揃っているとは言っても常に飛び続けるとは限りません。数個連続で飛んだ後に、しばらく出ない。そしてまた出るということが繰り返されることとなりますので、気長に観測されるのが大切です。

 

 

お仕事が大変だと思いますが、お盆休みに入るかたや入っている方は、お子様の夏の思い出に天体観測などをされてはいかがでしょうか。

 

税理士法人新日本神戸事務所 西川