フォトストリート写真展

こんにちは西川です。


先日、たまたま見つけた写真展に行ってきました。

f:id:shibasakikaikei:20130829084541j:plain


複数の写真家さんたちが、それぞれの写真を展示しており、入場料が無料ということもあって入らせていただきました。

展示している方(撮る方)が複数いるということは、それぞれが好む構図や風景(人物)・瞬間などがいろいろあり、それぞれの方の特色が出ていて面白かったです。

私個人としましては、自然豊かな、人間の力が入っていない風景を好ましく思います。ただ、今回は入場したらいただける上記ポストカードに写っている写真について考えることがありました。

 

なぜこの写真を撮られたのだろうか、ただの親ばかなのだろうか、それとも撮られた方とは関係ない子供の写真なのだろうか、この子は緊張しているのか、自信を持って手足を伸ばし行進しているのか、などいろいろ考えて見てしまいました。

 

たった1枚の写真でも、見るだけでも楽しいですし、どういう意図で撮られたのかなど考えても楽しめると思います。

勿論、有名な美術館(美術品)・写真家すでにバックボーンが確立しているものを見るだけでも楽しむことは出来ますが、そういったものを知らないからこそ楽しめるものがあると考えさせられました。

 

税理士法人新日本神戸事務所 西川