台風18号の名前とその由来

 

台風18号が猛威を奮っていますので台風のことについて書きたいと思います。

台風の名前ですが今回の台風は「マンニィ」というそうです。

この名前は香港の海峡の名前らしいです。

もともと台風にはアメリカが人名(英語名)をつけていたそうですが、台風委員会という謎の組織があるらしく、西太平洋または南シナ海の領域で発生する台風には同領域内で用いられている固有の名前をつけることにしたそうです。

台風の名前は発生してから決めるのではなく既に140個ほど決まっており順番に使用しているようです。

計算上5年で1周するらしいです。

しかし例外として大災害をもたらした台風などにはこのルールは適用されないようです。

この台風18号の次の台風19号の名前は奇跡的に日本の名前が使用されるようで

「ウサギ」になるようです。

台風の名前には変わった名前が多く理解に苦しむものも多いのですが

日本の場合は「~座」という意味のものが多いように思えます。

f:id:shibasakikaikei:20130917173514j:plain

 

税理士法人新日本神戸事務所 半山