歯の定期健診

先日、歯医者に行ってきました。

どこかが痛いというわけではなく、今年の2月に通っていた歯医者から治療後約半年経過したので「定期健診のお知らせハガキ」が届き折角の機会ということで行くことにしました。

 

f:id:shibasakikaikei:20131023090101j:plain

仕事柄思うのは、競合激しい歯医者も定期健診のお知らせを出して、少しでもお客様を増やすことで初診(再診料)・治療費を増加させる努力をしているのかなとしみじみ思いました。(穿った見方なので、純粋に治療したことがあるお客様の歯の心配をされている可能性の方が高いです。)

そもそも、お知らせハガキを出して引っかかる率は非常に少ないことでしょう。(行った人間のいうことではありませんが…)

普通、医者にわざわざ行くとなると、調子が悪い・気になることがあるなど「毎年1回は行く」など決めている人など以外はあんまり向かうことは無いと思います。

 

小さい歯医者なので絶対数が少なく、どれだけハガキを出す効果があるのか不明ですので、顧客を増やすことより、純粋に歯の心配をされているのだと思います。(アフターフォローも行っていることで、治療を受けた人も印象がよくなりますし…。)

 

あまり詳しくないので、間違っていたら大変申し訳ございませんが、歯科助手と思われる女性に歯石取りをしてもらい、新人と思われる人が2人も治療風景を観察していたのが嫌でしたが、それだけで終わりました。

また6ヶ月後ぐらいに手紙が届くらしいですが、次はもういいです。

 

また歯が痛くなるまで放置しておきます。

 

税理士法人新日本神戸事務所

経理代行神戸

 

西川