七五三

本日11月15日は七五三らしいです。

f:id:shibasakikaikei:20131115101140j:plain

私も該当年齢の時は、神社にお参りに行っておりました。

当時はよくわかっておりませんでしたが、とりあえず神社に行って、屋台で何か食べ物を買ってもらっておりました。

 

正直、子どもも居ない今でも七五三の意味はよくわかっておりません。ただ、成長して電車の広告で「七五三」の文字を見ると、子どもの頃を思い出します。

 

子どもを着飾って、写真(思い出)に残せる機会というのもあまり無いので、七五三ぐらいはお参りに行っては如何でしょうか?

 

wikipedia引用

11月15日は、子供成長を祝って神社・寺などに詣でる年中行事(神社庁より)。現在では全国で盛んに行われているが、元来は関東圏における地方風俗であった。現在は「七五三」という名称から、その年齢にやる同じ行事のように捕らえられ、そうなりつつあるが、実際には、それぞれの年齢で行う、別々の異なった行事であり、3つの子供の行事を、「七五三」と呼んだ為、本来の神事の内容が薄れ、同じ行事のように思われている。そのため、現在でも地方によって年齢や祝う内容が異なるが、発祥とされる関東地方では、以下のように考えられている。

 数え年3歳(満年齢2歳になる年)を「髪置きの儀」とし、男女とも行う。江戸時代は、3歳までは髪を剃る習慣があったため、それを終了する儀。

 数え年5歳(満年齢4歳になる年)を「袴儀」とし、男の子が行う。男子が袴を着用し始める儀。

 数え年7歳(満年齢6歳になる年)を「帯解きの儀」とし、女の子が行う。女子が幅の広い大人と同じ帯を結び始める儀。   

 

税理士法人新日本神戸事務所

経理代行神戸

 

西川