2月3日は節分

こんにちは。最近寒暖の差が激しく身体が若干ついていけなくなってきております。

今年はもうインフルエンザにかかってしまったので、もう風邪をひかないように、

睡眠時間をたっぷりとるなどして、体調を崩さないようにしたいと思います。

 

さて、本日2月3日は節分です。

節分とは、字のごとく「季節を分ける」ことであり、本来は各季節の始まりの日である立春立夏立秋立冬の前日のことをいいます。

しかし旧暦では立春が年の始まりになっており、節分は大みそかにあたることになります。

その節目ということでいつのころからか立春の前日として広まったそうです。

 

また、節分という行事ですることといえば豆まきと恵方巻はを食べますよね。

豆まきは、災いをもたらす鬼を追い払い、新年に福を呼び込むために豆をまき、その後1年間無事に過ごせるように願いながら、自分の年齢よりも+1個多く食べます。

 

恵方巻は、その年の神様がいる方角である恵方(今年は東北東だそうです)を向いて丸かじりすると、願い事が叶ったり幸運に恵まれ、無病息災や商売繁盛をもたらすとされています。

さらに福を逃さぬよう包丁で切ったり、途中で喋ったりせずに無言で食べます。

恵方巻を食べる風習は関西発祥ということで、他の地域ではなかったそうです。

今では、スーパーやコンビニで手軽に買えるようになり全国に広まったそうです。

私はずっと関西なのでこれを最近知って驚きました。

 

そして節分に欠かせないものがまだあります。鬼は、鰯(いわし)の生臭い臭いと、柊(ひいらぎ)の痛いトゲが大の苦手なのです。

そこで、鰯の頭を焼いて臭いを強くしたものを柊の枝に刺し、それを玄関先にとりつけて、鬼が入ってこないようにする風習があります。これを「焼嗅(やいかがし)」「鰯柊」「柊鰯」「柊刺し」などと呼びますが、昔から臭いの強いもの、トゲのあるものは魔除けや厄除け効果があるとされています。

 

節分をちゃんと調べてみると色々な意味があり、奥深いものです。

昔からの行事はやっておきたいものですが、最近、豆は食べていないですね。

小学生のころの給食では豆が出ていたので、食べていましたが、今は全然です。

今することといえば一応恵方巻を食べ、鰯関連の物を食べるぐらいです。

鰯の頭を玄関になんて生臭くてできません。マンションなんで鬼も上がって来れないと勝手に思っています。

 

今日の夜ごはんは恵方巻と鰯で決まりですね。

f:id:shibasakikaikei:20140203094403p:plain

 

税理士法人新日本神戸事務所

経理代行神戸

飯塚