ゴールデンウィークがやってきます。

税理士法人新日本神戸事務所の猪澤です。

 

もうすぐゴールデンウィークの到来ですね。

この名称は、実は和製英語なんですよ。

黄金週間(おうごんしゅうかん)とも言いますが、大型連休(おおがたれんきゅう)の事ですね。

日本で、毎年4月末から5月初めにかけての、休日が多い期間のことです。

そもそもゴールデンウィークって何でしょう?

本来は、5月3日から5月5日までの3日間を指しますが、この前後に土曜日、日曜日、

振替休日等がある場合、それらを含めて呼びます。

以前は、休日が飛び飛びになることが多かったことから「飛石連休(とびいしれんきゅう)」という言い方をしていました。

でも、1985年の「国民の祝日に関する法律」の改正によって、5月4日が「国民の休日」になってからは、

この言い方は、ほとんどしなくなりました。

このゴールデンウィークは、4月29日(昭和の日)、5月3日(憲法記念日)、5月4日(みどりの日)、

5月5日(こどもの日)の祝日があります。

そして5月1日がメーデーで休日になる場合も少なくないことから、その間の日(4月30日、5月2日)を

休みにすることで、連休にし易いのです。

また、2005年の「国民の祝日に関する法律」の改正で、休日の名称、振替休日の規定が変更されて、

憲法記念日みどりの日が日曜日と重なった場合は、こどもの日」の翌日が振替休日となりました。

つまり、5月4日が日曜日に当たる場合、振替休日が火曜日になるのです。

社会人の皆様にとってはうれしい限りですよね。

 

でもそもそもこのゴールデンウィークの名前の由来は

どこからきてるのでしょうか?

ゴールデンウィークという名称は、2つの由来

があるのだそうです。

 

1つは、日本映画界の造語であるという説です。

1951年、今のゴールデンウィークに相当する期間に上映された獅子文六原作の「自由学校」という映画が大ヒットしました。

正月映画やお盆映画以上の興行成績を残したのです。

そこで、映画界でこの時期に多数の観客動員を生み出すこと、また、映画の活性化を目的として、作成された宣伝用語で、1952年~1953年頃から一般にも使用されるようになったそうです。

これは、他の業界にも広まったようです。

もう1つはラジオの「ゴールデンタイム」からきたという説です。

大型連休の期間が、ラジオの聴取率の最も高い時間帯だったので、「黄金週間」と言われていたものの、インパクトが弱いことから、「ゴールデンウィーク」という表現になったという説です。

実は、どちらの説もはっきりとした確証はないようです。

はっきりとした由来は分かっていないのです。

あなたは、どちらの説を支持しますか?

私はどちらも支持しません。

ただ休みがあるというだけで充分だからです。

では皆様よいゴールデンウィークを。

f:id:shibasakikaikei:20140425112742p:plain

 税理士法人新日本神戸事務所

経理代行神戸 猪澤