振替休日

 

税理士法人新日本神戸事務所の西川です。

 

 

 

皆さまはゴールデンウィークを如何お過ごしでしたでしょうか。羽根を伸ばすことが出来たのでしたら幸いです。

 

しかし、過ぎてしまえばゴールデンウィークなんて一瞬で終わってしまいます。ゴールデンウィークの4日間(有給などをうまく利用されて4日以上休まれた人も多いとは思います。)と平日の4日間は過ぎる速度に違いがあるように感じてしまいます。

 

もっと休みたいと感じますが、何を言っても仕事であることは避けようがございません。

 

 

 

さて、本題に

 

平成2656日は振替休日ということで祝日となっております。

 

私の認識では、祝日が日曜日にあれば翌日の月曜日が振替休日でお休みになるものだと認識しておりましたので、火曜日である5月6日がなぜ休みになるのか疑問で仕方有りませんでした。

 

 

 

どうも2007年の法律改正から

 

国民の祝日に関する法律

 

第三条2項  「国民の祝日」が日曜日に当たるときは、その日後においてその日に最も近い「国民の祝日」でない日を休日とする。

 

 

 

と、月曜日に限らず火曜日も休日になるように改正が入っていたようです。

 

 

 

祝日といえば、8月にも祝日が1日追加されたのようです。8月はお盆があるので、変に祝日を作られても困るので、6月に変更していただけないでしょうか…。

 

 

f:id:shibasakikaikei:20140508110030j:plain

 

 

 

 

税理士法人新日本神戸事務所

 

経理代行神戸

 

 

 

西川