立春

みなさま、こんにちは。

税理士法人サポートリンクの神戸です。

本日から暦の上でもう春です。

 

「暦の上では春」と言うといつも思っていたのですが、なぜまだまだ寒いのに春になるんでしょうか。

もっと暖かくなってから春にしてしまったらいいのにと感じます。

実は立春というのは日が定められたものではなく、太陽の黄経315°に達した日を言うらしいです。

それが日本ではだいたい2月4日になるということです。

ちなみに、立春というのはその日を表す言葉ではなく、二十四節気を表す言葉で約15日間の期間を表しています。

 

春になるとお花見に行かれる方も多いと思います。

そこで気になる桜の開花時期ですが、ここにも立春にまつわる雑学があります。

桜の開花時期は、立春の日からその日の最高気温の合計温度が540℃という概算法があります。

詳しい根拠や理論は分かりかねますが、ちょっとした話のネタとしてはおもしろいですね。

f:id:shibasakikaikei:20150204093456g:plain

税理士法人サポートリンク
経理代行神戸
神戸