ツバメの旅立ち

皆様こんにちは。

税理士法人サポートリンクの佐潟です。

 

今の季節、梅雨にばかり目がいきがちですが、毎年私はツバメ一家の子育てと旅立ちを楽しみにしております。

期間限定ながら、ツバメたちは人間の割と近くに巣を作って子育てをします。基本的には毎年同じところに巣を作るようですが、近くで工事があったり変化があると、怖がって二度と作らなくなってしまうようです。

私の家の近所で言いますと、阪急の高架下に何家族かのツバメが住んでいます。日中は写真にあるように、親鳥が獲ってくる餌を我先にもらおうと、雛鳥たちが一生懸命鳴いて、口を大きく開けて待っていますが、夜になると全員こちらに尾っぽを向けて、静かに眠っています。大きくなるにつれて、出てくる尾っぽも長くなっていきます。

 

一度ゲリラ豪雨があったときは、親鳥が人間たちと一緒に、雨宿りをしていました。オスの方でしょうか、意を決して果敢にも豪雨の中出ていきましたが、やはりダメだと諦めてすぐに引き返してきました。メスの方と、頭上で鳴きあっていました。

何を話していたのかわかりませんが、メスに情けない、と言われていたのではなく、労わってもらっていたことを願います(笑)。

 

皆様も家の近くなどで、探してみて下さいね。

 

税理士法人サポートリンク

経理代行神戸

佐潟

f:id:shibasakikaikei:20150616163517j:plain