イントネーション

皆様 こんにちは。 

税理士法人 サポートリンク の籔本です。

皆様の職場に、転勤など色々な理由で地方から勤務されている方がいらっしゃると思います。方言も様々で、地方独特の言葉があり通じない時もあり、面白い言葉もあり、「出身はどちらですか?」と話が展開することがありますよね。

私は出身は神戸ですが、震災以降17年ほど札幌に住んでおり、3年前に地元に帰ってきました。

札幌は基本的には標準語で、市や区が違うとまた違った語句があります。

尼崎市姫路市と神戸が、微妙に違う感じと言ったらいいでしょうか。

以前テレビで、関西弁は英語と一緒で癖が強く、訛りはぬけないとか。

子供は道産子なので、影響でるかな?と思って、言葉は慎重に、丁寧語で対応していました。

タクシーに乗った時に、「○○まで、お願いします。」とだけしか話していないのに、運転手さんに「観光で来られたのですか?」と言われました。

エッ!!何十年と住んでいるのに、どこがどう違うのか…今も分かりません。(笑)

神戸に帰ってきた際、友人と会って、「なんか~違う?!(笑)」と言われました。

今は友人や知り合いも慣れたのか、全く言わなくなりましたが、この先私はどこにいても、イントネーションが違ったままなんでしょうか(汗)

でも、イントネーションが違っても、方言が違っても、知人との関係は何も変わらないのが一番有難く、感謝しています。

f:id:shibasakikaikei:20150702134921g:plain

税理士法人サポートリンク神戸事務所 スタッフブログ