猛暑の影響

こんにちは。サポートリンクの山田です。

連日猛暑が続いておりますが、皆様におかれましてはご体調など崩されずにお過ごし頂けておりますでしょうか。

さて、こう毎日暑いとどうしても冷たい食べ物や飲み物が欲しくなり、アイスクリームやジュースなどをがぶがぶ飲んでしまい、結果、食欲がなくなり食事をとる量が減少し夏バテになってしまうといったことがあります。先日電車に乗っておりますと、「夏場の方がお腹は冷える。」というラッパのマークの車内広告が目に入り、それはそうだろうなと合点しました。夏は暑いので冷たいものを口にする。お腹が冷える。さらに、夜は寝苦しいので、クーラーをかけてさらに体を冷やす。ですから、体調を崩し、この暑いのにマスクをして電車に乗っておられる方が少なからずおられますね。

冷たいものを口にしたり、クーラーで冷やす以外の涼の取り方ですが、実体験として、真夏に熱いお茶を飲んだり、激辛カレーを食べたりして汗をかきますと、汗をかいている時は暑くて仕様がないですが、汗がひきますとしばらく涼しく感じられる時間が続きますね。

 

また、人間だけでなく家電製品についてもこの猛暑に影響を受けるということが分かりました。この夏猛暑の影響により、まず、家のウォシュレットが壊れ、携帯電話が壊れ、洗濯機が続けざまに壊れました。次はテレビか冷蔵庫が壊れるのではないかと恐縮しております。

f:id:shibasakikaikei:20150715105326j:plain

山田

税理士法人サポートリンク

経理代行神戸