サッカー観戦に行ってきました

 皆さまこんにちは。税理士法人サポートリンクの東石です。

 

先日、友達に誘われてヴィッセル神戸の試合を観に行ってきました。地元ということもあり、ヴィッセル神戸はチケットを貰う機会がたまにありまして、平均すると毎年1回は観に行っている気がします。

 その日は偶然にもハーフタイムに花火が上がる日だったので、肌寒い中少し季節外れの花火でしたが、思いのほか距離が近くなかなかの迫力でした。ハーフタイム中にトイレに行っていたため最後の方しか見られなかったのですが、一応写真に収めておきました。

   花火が上がるということもあってか、人の数は普段より多いと感じておりましたが、発表された人数は17,000人程度ということ。確かに甲子園に比べたら少ない気はしていましたが、ヴィッセルももっと強くなって観客を増やしてほしいものです。(自分もですが、結構無料のチケットで来ている人も多いので)

  それに比べて外国のサッカーはスケールが違いますね。FCバルセロナのホームスタジアムのカンプノウはなんと10万人弱の観客を収容できるようです。帰る時の混雑も半端ないと思いますが、サッカーが盛んな国ではそれが当たり前の光景なのでしょう。

 

 ヨーロッパはまだ行ったことがないのですが、旅行で行くようなことがあれば、その迫力を一度は現地で体感したいものです。

 

f:id:shibasakikaikei:20151006160939j:plain