眼鏡

皆様、こんにちは。

税理士法人サポートリンクの矢野です。

 

以前キャンプに行った記事を書きましたが、実はそのときに眼鏡が壊れてしまいました。

大学生の頃から使っていたお気に入りの黒縁眼鏡。

レンズに傷がついたりして、レンズ交換も2回ほどしていたのですが、ついにフレームの金具がパキッと。

眼鏡屋さんに持って行くと、修理交換となるとお値段が結構張るらしく、新しいのを買った方がいいとのこと。

他にも眼鏡は2つ持っているのですが、やはり1つは黒縁眼鏡が欲しいなと思い、眼鏡を新調することにしました。

視力検査をしてすぐに手渡してくれると思いきや、「レンズが在庫切れとなりましたので1週間ほどお待ち頂けますか?」とのこと。

その日はかけて帰ることができませんでしたが、出来上がりがとても楽しみです。

ここで眼鏡屋の店員さんに以前聞いた豆知識を紹介します。

眼鏡のレンズが汚れてきたら皆さまはどうしますか?
レンズに息をハァ~とかけて、レンズを曇らせてから眼鏡拭きでふきふき。

これ実はレンズにとって良くないそうです。

例えるなら洗車と一緒だそうで、洗車の際にいきなりワックスをかけたり車体を拭いたりしませんよね。レンズも一緒でまずは流水でレンズの表面についた汚れを洗い流すそうです。

そのあとティッシュペーパーで拭いてあげるとレンズも綺麗で清潔に保つことができるそうです。眼鏡拭きを使ってもいいのですが、何回か使っていると眼鏡拭き自体に汚れが付着してしまい、その状態で眼鏡を拭くと細かな傷の原因になるそうです。

今はレンズのオプションで、傷に強い加工や耐熱加工、ブルーライトカット加工等いろいろなオプションがあるそうです。私は仕事柄1日中パソコンを使うので、傷に強い+ブルーライトカット加工のオプションを選びました。

 

f:id:shibasakikaikei:20170628130934j:plain

税理士法人サポートリンク

経理代行神戸

矢野

広告を非表示にする